店長・重政の読書日記

本屋ほど楽しい商売はない。これで儲かれば最高。でも世の中そんなに甘くない。

ホームページ一言メッセージ他の日記を読むバックナンバー一覧に戻る

母のこと。 2005,11,30
延命治療の話をお医者さんから、聞かされたりして凄く落ち込んでたのですが、とりあえずは危険な状態は脱しました。回復は望めませんが、もしかしたら、あと数年生きてくれるかもという希望がでてきました。

2005,11,25
頭の中の相当部分を、この日記には書きづらい現実に占領されています。

リリー・フランキーのようなプロの物書きでも、そのことを文章にできたのは、時間が経ってからだったのではないでしょうか。私には無理だけど。

暫くお休みさせてください。


芋栗好き。 2005,11,23
美味しくない大量の焼いもを、まーまー美味しいスイートポテトに加工しました。
生クリームも入れて、ちょっとブランデーを利かせると、十分に食べれる味に。

最近なんか、芋栗好きのおばさんのようなネタが多いいですね。

私、外で飲むときは、酒の量が多いいですが、家ではほとんど飲まない甘党なのです。
ラジオ番組『純喫茶 谷村新司』で有名になった安納芋(あんのういも)という、種子島産の焼いもむきなのを取り寄せて、完璧な焼いも作りに再度挑戦します。

うちのど根性くん。 2005,11,22
庭石の割れ目から、木の芽が出てるのを発見。

このまま成長していつの日にか、この岩を砕くかな。

妻に教えると、『早よう抜かんといけん。』と
言いますが、なんか今流行の根性ものだと、思うと
かわいそうですよね。

アスベスト。 2005,11,21
土曜日の昼間に家の窓からよく見える神辺小学校の昇降口をブルーシートで覆てるから、こりゃ間違いなく、アスベストだな。と思ってたら、今日、長男がそのことが書いてあるプリントをもらってきた。
天井に吹き付けてあるものにアスベストが使ってあり、一部が剥離しそうでもある、とのこと。冬休みの工事するまでこのまま封印するそうだから、子供たちは相当に不便です。

ちょっと過敏なのでは、とも思うけど、子供を預かる教育機関としては、当然の策なんでしょうね。
なんで、もっと早く対策がとれなかったのか。と文句を言う親とかもいそうだな。


芋がねー。 2005,11,20
店の昼休憩の交代がすんだ3時からやきいもをしたんですが、イマイチいやイマサンぐらいのできでした。芋がやきいもむきじゃないようで。色も薄いしパサパサしてる。
大量に作ったんですけど、人にあげれるような味じゃない。うらごししてバター・牛乳・卵黄・砂糖を加えてオーブンで焼いて、スイートポテトにして食べるしかないかな。

子供と焚き火するのは楽しかったんですけど。


やきいも。 2005,11,19
朝晩は、めっきり冷えてきて、すっかり晩秋という感じですね。

そうなると、今年もやきいもが作りたくなって、空いてる時間に材料調達。
90Lのポリ袋4つ分の落葉を長男を連れて黄葉山にて収集。さつま芋は、箱で売っていて安い蔵王のスーパー・エブリーまで買出し。5粗り680円の2Lサイズの紅アズマを2箱。あとアルミホイルを5本。これで必要な物は揃いました。

明日か来週か日曜に時間がとれて、風がなかったら決行です。

今のご時世、ゴミを燃やすのはダメだけど、やきいもをするための落葉焚きは、ぎりぎり許される行為と思ってるんだけど、どうでしょう。うちだけの勝手なローカルルールかな。
唯一隣接してるお隣の家の、おじさんは毎朝のように落葉なんかを焼かれてますし。

私は特になんだろうけど、たいていの男が炎を眺めるのが好きですよね。

10年ぐらい前までは、家庭用焼却炉の購入に自治体が助成金出してたのに、急にヒステリックな程、ものを燃やしてはいけないということになってしまいましたよね。空気中のダイオキシンが減ったのなら、これから先、癌で死ぬ人が減るんでしょうか。目に見えないもののことは、ようわからんです。

この唱歌の風景は、ノスタルジーの世界ですね。

【 焚き火の歌 】

かきねの かきねの まがりかど たきびだ たきびだ おちばたき
「あたろうか」「あたろうよ」  きたかぜぴいぷう ふいている

さざんか さざんか さいたみち たきびだ たきびだ おちばたき
「あたろうか」「あたろうよ」  しもやけ おててが もうかゆい

こがらし こがらし さむいみち たきびだ たきびだ おちばたき
「あたろうか」「あたろうよ」  そうだん しながら あるいてく


(神辺町)。 2005,11,18

一輪車。 2005,11,17
寒い朝です。
年中薄着な私もシャツにネクタイという格好では、店の中でも寒くなってきました。ついこの前まで冷房を入れたような気がするのに、暖房を入れなきゃいけない日も近そうです。

学校教材などを仕入れてる内田洋行のネットのページの、今月の特価品というコーナーを見てて、18インチの一輪車、標準価格¥16,275を¥3,400 (税込)というのを見つけて、長男のクリスマスプレゼントにしようと思ってます。

日記見た人で、店頭渡しで良ければ、3,500円(税込)でお売りします。
もし希望あればメールください。
モデルチェンジで廃盤になった商品のようですが、学校教材用なので、物は確かのはずです。(スタンドは別売りです)


合併間近。 2005,11,15
相変わらず店の売上げは、毎晩帳簿付けしてると、溜息のでるような状態ですが、外回りの方は合併前特需とでもいうようなのが増えてきました。無いよりは、良いんだけど複雑ですね。

福山市に吸収合併まで、あと105日。
町役場の外壁にカウントダウンボード設置なんてするわけないですよね。


りんご狩り。 2005,11,13
月に一度の定休日 先週末は3日も留守にしてたので、子供たちをどこかに連れて行かないわけにはいかないようで、お昼ごろから東城町の白石りんご園さんへ出発。
いつもお世話になってる商工会の白石さんのご実家です。

よく広島県は一つの県で日本を凝縮してるようだと言いますが、瀬戸内側の島しょ部では、みかん。中国山地では、りんごが取れるんです。

教えてもらった品種の名前は忘れてしまったんですが、小ぶりで濃い紅色のを、かじると甘み酸味ともに濃くて格別でした。


生協の白石さん。 2005,11,12
すごく話題になってるけど、地方では馴染みのない大学生協の職員さんと、学生さんの『ひとことカード』でのやりとりが本になったのが、売れるんだろうか。と思ってたけど、この本 面白いですね。
読んでて白石さんんが、どんな人なのか想像するのが楽しいです。

一番気に入ったのは

 『愛は売っていないのですか・・・?』

 『どうやら、愛は非売品のようです。
  もし、どこかで販売していたとしたら、それは何かの罠かと思われます。
  くれぐれもご注意ください。』

品薄のようですが、店頭に5冊在庫あります。




くだらないよ。 2005,11,11
杉村太蔵先生のニート・フリーターの人との意見交換会での発言 

『衆院議員もニートも紙一重』

これって、宝くじのCMで、所ジョージが、『億万長者も一文無しも紙一重』 と言ってるのと同じようなもんですよね。

相手にしてもらえないで、自爆している大仁田厚先生よりは、まだ国会議員させる意味があるようにも思うけど。


高校閥。 2005,11,10

契約会。 2005,11,9


黄葉山。 2005,11,7
朝、家の玄関から見ると、留守にした3日間で、山の色が変わってました。一番きれいなのは1週間後ぐらいでしょうか。
そういえば、毎年同じような写真載せてますね。きれいですから許してください。


気力で頑張る3日目。 2005,11,6
昨日と違って今にも降り出しそうな空の下、早朝は九段下から神保町方面を散策。まだどうにか元気です。

午前中は、岩田さんの案内で、個性的な棚作りで有名な千駄木の往来堂さんを見学。噂どおりの文脈棚。

萬生堂再生計画のヒントにさせてもらおうと思ってます。
猿真似では売上げが、ついてこないで虚しくなるだけでしょうから、今まず考えてるのは、地域の色という意味で、染色、織物関係の本を集めた棚を作ってみようかなと。

昼前に岩田さんたちと別れたあとは最近、鎌倉に家を建てた姉のとこへ。
町全体のセンスが違う。贅沢というだけではない、田舎とは違うお洒落な暮らし。姉夫婦の家も趣味がいいな、という感じ、広くはないですけど。(飼ってる犬の名はジョディー)

最終に近い新幹線で家路に。混んでました。なんとか座れましたけど。

普段の一週間分の活動量を3日に凝縮したような出張でした。頭と、ふくらはぎが、悲鳴をあげてるような感じ。でもそれが心地いいんですけど。


疲れ果てて放心状態で、ぼーとしてたら、名古屋の手前あたりで、数人の『えー』という声。ドアの上の掲示版ニュースに『本田美奈子さん死亡』と。
昔ファンだったというのじゃないけど、同世代で知ってる曲も多いし、なんかショックですね。
最近の『アヴェマリア』とか歌われてるの、いいな。と思ってましたし。




(註)モッズ風のかっこいいカブは往来堂さんに同行してくれた
アスカブックセラーズの河邊さんの配達用バイク


東京旅行いや出張です。2日目。 2005,11,5
ホテルのベットが気持ちいいからと朝寝をしてたら、時間が勿体無いですから、6時には起きて、7時前から一時間程、ホテルから近い靖国神社、千鳥ヶ淵付近を散策。非日常の私は異常に活動的になります。

百貨店なんかが開く10時までは、行くところがないので、20年前に住んでた辺りも散策。よく行ってた店なんかが、そのまま残ってたら、なんか嬉しくなりますね。
もうないだろうな、と思ってた当時暮してたアパートが現存してました。その時も新しくはなかったから、今は築50年ぐらいかな。
床が木製だった東急世田谷線の車両もオシャレでモダンなのに変わってました。思わず写真に。

リリー・フランキーが昔住んでたと、昨晩読んだ本に書いてるマンションの窓の外にあるという笹塚ボウルの看板のピンも撮影。
ここには、よく行ってました。格安の早朝ボウルに。当時は朝7時から9時まで2時間投げ放題1レーン1,800円。玉を2つづつ使ってバーが上がり始めたら次を投げるという、とんでもないことをやって、二人で行って一人が10ゲーム以上投げ、今日は1ゲーム75円だ。とか言ってたな。(当時普通は1ゲーム400円ぐらいはしました)


午後からは、東京出張の表向きの目的、萬生堂で使ってる外商ソフト『楽樂ほんやさん』の説明会に参加。場所は1年間住んだことのある中野のサンプラザ。

私のネット日記の師匠、
北海道の岩田さんと、ついに対面。私と一回り以上違うとは思えない見た目の若さ、前向きな考え方、思ってたとおりの素敵な方でした。

研修も回を追うごとにレベルアップしていて、実り多いものでした。5年半ぐらい前に、ろくに読んでなかった書店新聞で偶然見つけたことの運の良さにも感謝。
研修会終了後の懇親会でも、更に新たな出会いもあり、楽しい時間でした。

たまたま岩田さんとホテルが一緒だったので、部屋にまで押しかけ、更に話を聞かせていただく。相当に酔いの廻った頭にも刺激的過ぎる。


久しぶりの東京。 2005,11,4
只今の時刻午前5時30分。外は霧がでてます。
ふだん起きることのない時間に起きて、5時59分の福塩線出発で東京方面に行ってきます。
暫く行ってないうちに早く着くようになったんですね。東京駅着が10:06だもん。
家の玄関から東京駅までが4時間と10分ぐらい。近いと思えば近いですね。

頻繁に東京に行く用があった頃、自分では新幹線に乗ってる間に標準語に戻せる。と思っていたけど、もう無理なような気がします。

*****************************************************************************

千葉県・大網での上京した主たる目的が、予定より早く済んだので、東京駅に帰る途中の幕張で開催されてる『東京モーターショー』に行ってみた。
いやぁーコンパニオンの女性が綺麗ですね。ちょっとだけカメラ小僧しちゃいました。クルマより女性を撮ってる人の方が多そうでしたから、罪悪感を感じずに。
憧れのクルマと綺麗な女性をこれだけ見れて1,200円は安い。

購入が検討できるレベルで一番惹かれたのは、オペル・アストラ・ツイントップです。
10年ぐらい前だったか、ヤナセが力を入れてて、よく売れた頃のオペルはボロだったけど、今は、品質が向上してるらしいいし、この手のクルマとしてはデザインバランスが秀逸。問題と言えば親会社がGMなこと。

夜は、私のことをネット日記の師匠と言ってくださる、蕃茄山人さんと居酒屋へ。会うのは2回目、お酒の入った状態で話をするのは始めてだったんだけど、 旧知の仲のような関係ですから、とっても楽しい時間を過ごせました。

早速にアップしてくださった日記を読むと、なんかテレますね。

ホテルに戻って、朝の新幹線の中で読みかけていた、リリー・フランキー
(2003年5月の紹介)『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』を読みだすと止めれなくなって、3時過ぎに完読。

場所は東京のホテル、ちょっと酔ってるという、読んでる状況も良かったのか、更には、似たような現実を、今、私が抱えてることもあるからなのか、とにかく感動。 リリー・フランキーの感性と文体を全面的に支持します。

まだまだ売れそうです。この本は。


日本人の姓。 2005,11,2


わが家のブーム。 2005,11,1
小学1年の長男に、とってるベネッセのチャレンジ1年生の付録教材に妻と二人ではまってる。『くり上がりくり下がりマシーン』という簡単な計算練習ができる電卓のようなものなんだけど、1分間に何問できるか というので張り合ってる。
自分のほうが頭はいいと思ってるんだけど、どうしても勝てない。私がやっと30問できたと喜ぶと、妻は34問。12問できたといって喜んでる長男の親を見る目に影響するので重要な問題なのだ。
年の差の分、私の方が脳細胞が死滅してるということだろうか。

似たような商品があるような気もするけど、ボケ防止用に千円ぐらいで売ればヒットしそう。